松戸の痛くない整体院

千葉県松戸市常盤平5-21-9(五香駅最寄り)

火曜・第2/第4月曜定休047-387-6150

お問合せ

ぎっくり腰について

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは急性の腰痛のことです。
慢性的な腰の重さやコリやハリ感とは違い、突然に強い痛みがくる感じのものです。
ズボンをはいたり、靴下をはいたり、屈んだりなどの日常の動きで発症します。
咳やくしゃみでもなる人もいます。

ぎっくり腰になる原因とは?

ぎっくり腰は腰部の捻挫です。
いわば怪我をしてしまっているようなものです。
腰を支えるための筋肉や靭帯、椎間板などが損傷して痛めてしまっている状態です。
しかし通常の健康な人が軽く屈んだり、咳やくしゃみなど日常の動作で急激な痛みがくるかといえば、やはりそうではありません。

例外はあるとは思いますが、ほとんどの場合、おそらく日頃から腰のだるさや重さ、何かしらの痛みなどを感じていたと思います。

悪い状態が慢性化してくると自分では、腰の痛みや重さを気づかなくなる場合があります。
常に時限爆弾が腰に入っているようなものです。

それが日常の動作の中で爆発して急激な痛みが出た形だと思います。

自分でできる対処法と注意するべき点とは?

ぎっくり腰は捻挫なので、2、3日は炎症がおきている場合がおおいです。
まずは鎮痛消炎の冷たい湿布などで冷やしたほうが無難だと思います。

足を捻挫したときに温めるよりは冷やしますよね。
それと同じことだと思ってください。
そして楽な姿勢を見つけて2、3日安静にしているほうがよいと思います。

寝ている姿勢では仰向けであれば膝をたてた形で、横向きでは膝にまくらを挟んだりすると楽な感じになることが多いと思います。
早く改善しなければと思い、無理に体操をしたりストレッチをして伸ばしたりすると逆にさらに痛みがでることがあるので要注意です。

お風呂はシャワーなど軽めなものがよく、お酒は飲むのを控えることの方がよいでしょう。
仕事でどうしても動かなければならないときは市販の腰を保護するベルトなどをするとよいと思います。

冷やしたり安静にしていても、一週間も同じような強い痛みがある場合は、他の原因も考えられますので整形外科などの受診をおすすめいたします。
無理なことをしなければ2、3日で炎症は治まってくるので痛みが和らぐことが多いです。

当院の施術方法とは?

当院の施術としては、ぎっくり腰のための施術をします。
ぎっくり腰は怪我で炎症を伴うので、どんなによい施術をしても楽にはなりますが、痛みがまったくなくなるのは難しいです。

怪我をして開いた傷口が一瞬にくっ付くのが無理なのと同じことです。
ただ早い回復をさせるために、ぎっくり腰専用の施術をします。

当院では通常であれば、体の状態を改善させるために、仰向け、横向き、うつ伏せとすべての状態をチェックするのですが、ぎっくり腰で痛みがひどい時に体を動かすと
痛みが出てしまうので、なるべく楽な姿勢で負担をかけないように施術をします。
ほぼ横向きでの施術となります。
かなりの痛みがあっても横向きが楽な方が多いです。
そしてポイントを絞って施術をします。

ぎっくり腰は炎症伴う怪我ですので必要なことをしっかり行って怪我を早く改善する状態を作ります。
怪我の傷口をしっかり見つけて消毒をしてきれいにしてあげるイメージです。
傷口はきれいな方が改善は早いです。
傷口がある程度回復し、つまり痛みが和らいだ後、ぎっくり腰を起こした本当の原因を見つけて施術をします。
慢性化した本当の原因を取り除かないと何度もぎっくり腰を繰り返すことになりかねません。
よくぎっくり腰をすると癖になるということがこれです。

ぎっくり腰の多くは突然痛くなったように感じますが、最初から腰に問題をかかえている場合がとても多いです。
辛い思いをしないためにも日頃から姿勢、とくに座る姿勢に注意したほうがいいです。
痛みや違和感を感じたときは我慢をせずに早めの来院をおすすめします。
こじれる前であれば改善も早いので回数も少なくて済みます。

「腰痛の方へ」の最新記事

肩こり・腰痛などの症状でお悩みの方、
当院の施術効果を
一度確かめてみてください。

ご予約・お問合せはお電話で(※完全予約制)

TEL : 047-387-6150

受付時間 10:00~13:00 / 14:00~21:00
(最終受付 20:30)
(定休:第2・第4月曜 毎週火曜)