松戸の痛くない整体院

千葉県松戸市常盤平5-21-9(五香駅最寄り)

火曜・第2/第4月曜定休047-387-6150

お問合せ

オスグッドについて

膝のお皿の下が痛いということはありませんか?
もしかするとオスグッドかもしれません

~目次~
オスグッドとは何か
オスグッドの起こるメカニズム
症状について
自分でできる対処法
当院の考え


~CHECK~
・運動すると膝のお皿の下が痛い
・膝のお皿の下を押すと痛む
・膝のお皿の下の骨が出てきている
・膝を曲げようとすると痛む
このようなことがある人はオスグッドかもしれません。

オスグッドとは何か?

オスグッドは正式にはオスグッドシュラッター病といいます。
サッカーやバスケットボール、バレーボールのようなジャンプをしたり蹴る動作が多いスポーツでよく起こります。
小学生や中高生の成長期の子供によく起きるスポーツ障害です。

オスグッドの起こるメカニズム

小学生や中高生の脛骨(脛の骨)はまだ成長している時なので、大人の骨とは違い成長するところに成長軟骨(骨端線)があります。
成長軟骨はまだ骨ではなく軟骨なので弱いのです。

膝の場合大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)という力のとても強い筋肉があり、その腱(筋肉が骨につくところ)がひざのお皿を介してくっついています。
スポーツでジャンプやキックなどの動作を繰り返すたびに太ももの前の筋肉が縮むのでその腱のついている脛骨を強く引っ張ります。
その力に成長軟骨の部分が耐えられずに剥がれてしまい痛みや脛骨の骨が飛び出してくるのがオスグッドです。

症状としては

最初に書いたようにお皿の下の骨が出てきたりお皿の下を押したときが痛かったりスポーツ時の痛みや歩行や階段の上り下りでも痛むことがあります。

自分でできる対処法

まずはスポーツ障害なので痛みが強い時にはスポーツを控えるこれも大切なことです。
痛みはこれ以上使うと壊れますよというサインです。

次に大腿四頭筋のストレッチです。
軟骨を引っ張っている筋肉が固ければよくないのでストレッチをして柔軟性をつけたほうがよいです。
アイシングで冷やすのも効果的です。
運動をした後痛みが出ているところには炎症が起こりやすいので10分から15分ほどアイシングなどするとよいでしょう。

当院の施術の考え

同じようにスポーツをしていてもオスグッドになる人とならない人がいます。
また両足ではなく片足だけオスグッドになる人もいます。
それはなぜでしょう。
やはり体のバランスが問題になっているからです。

当院では膝だけを見ることはしません。
オスグッドの膝の痛みは結果だと考えています。
原因ではないと思っています。
オスグッドの人を検査するとほとんどの場合足の長さに違いがあったり背骨の動きに問題があったりします。
この状態だと体が動かしにくい状態となりその結果膝に痛みがでやすくなってきます。


体のバランスをとることで体を動かしやすくして膝の負担を減らしていきます。
足の長さはその場で変わるので一緒にきた親御さんに見てもらうとわかりやすく喜んでもらえます。
体は協力して動いているので全体を見るのが大切です。
当院は背骨に動きを付けるDRTと筋肉の誤作動を解消し骨盤や膝、股関節の問題に最適な最新のストレインカウンターストレインが受けられる松戸で唯一の整体院です。

「ひざ痛の方へ」の最新記事

肩こり・腰痛などの症状でお悩みの方、
当院の施術効果を
一度確かめてみてください。

ご予約・お問合せはお電話で(※完全予約制)

TEL : 047-387-6150

受付時間 10:00~13:00 / 14:00~21:00
(最終受付 20:30)
(定休:第2・第4月曜 毎週火曜)