松戸の痛くない整体院

千葉県松戸市常盤平5-21-9(五香駅最寄り)

火曜・第2/第4月曜定休047-387-6150

お問合せ

お尻から太ももの痛み・痺れ

梨状筋症候群とは?

この症状は坐骨神経に何かしらを起こす症状のことを言います。

まず坐骨神経の説明です。
坐骨神経は腰からでてお尻から太ももの裏側を通ってふくらはぎから足の先まで伸びている神経のことを言います。

腰から足の指先まで伸びているので大変に長い距離をはしる神経で、一番太いところは親指くらいの太さがあります。
およそ大体1メートルほどの長さがあるともいわれています。
それだけ長い神経なので、途中で何かしらの問題がおきる原因が、とても多い神経でもあるわけです。

一般的に坐骨神経痛というのは、さまざまな原因があるのですが、坐骨神経がどこかで圧迫をうけてしまったり、途中で炎症がおきたりして、その結果痛みや痺れがでてくことを指します。

梨状筋症候群は梨状筋の緊張で坐骨神経が圧迫されて症状がでることを言います。

どんな痛みの症状?

梨状筋症候群で痛みが出やすくなる場所は、まずはお尻です。
お尻の中の方や、奥が痛む、もしくは違和感があるということがでてきます。
お尻の中が痛くてよくお尻を叩きたくなるような感じの痛みが出たりすることが、まずひとつあります。

もしくはお尻から太ももにかけて、痛みがでたり、ピリピリとした痺れ感、どちらかというと梨状筋症候群では、鈍い痛みというよりは、わりかし鋭めの少し電気が走るような鋭い感覚の痛み、もしくは痺れがでることが多いです。
太ももの裏だけではなく、ふくらはぎのところや、足の先のほうまで、痛みや痺れが出ている人もいます。

この痛みのでる場所が違ったり、限定されたりしているのは、梨状筋の周りにはしっている神経の圧迫や炎症がどこにあるのかによって、わりと痛みや痺れのでる場所というのは変化することが多いです。

梨状筋症候群が起きる原因は?

長時間の座っている姿勢や、運動不足、または運動のし過ぎとかでも起こると言われています。

また現代の社会はわりとパソコンの作業や、座ってデスクワークすることが、とても長い時間になってきている傾向があり、それも一つの原因です。

家に帰ってからも割と
座っている時間も長く、やわらかいソファーに座ってしまったり、TVでゲームをしていても、わりと座った形になってしまったりしています。
座っている姿勢は楽でよいのですが、その姿勢事態がきちんと座っている形なら、まだそれほど大きい問題にはならないです。
しかし大体の人は腰を丸めて、浅く腰かけて寄りかかったりしています。

坐骨で座ることが座ることの基本です。

ですが坐骨で座ることはなくて、仙骨という骨で座っていることがとても多いのです。

梨状筋の位置は仙骨と大転子にむかって、筋肉がはしっています。

仙骨に圧力がかかることによって梨状筋にも強いストレスがかかってしまっていることが、とても多いことが考えられます。

あとは運動不足です。歩くことが少なくなってきているのもあります。
いつも移動で車やエレベーター、もしくはエスカレーターなどに乗ってしまえば極端な量は歩かなくてもよくなっているため、筋力低下によって問題が起きるとも言われています。

あとは使いすぎです。ランニングとか過剰に使うことによって問題も起きるともいわれているところであります。

もうひとつ変わった理由としては、お尻のポケットに財布とか、固めの何か大きいものを、いつも同じところに入れる方は、その入っているものが座っているときに、常にお尻をずっと圧迫していることがあります。そこが常に押されて固くなってしまったり、組織に何らかの問題を起こしてしまって梨状筋、もしくは坐骨神経に問題を起こして痺れてしまっていることも原因の一つとしてあります。

あとは脚を組む姿勢や横座りなども悪くなる原因の一つだと思います。

当院で施術をする方法とは?

まずは直接的に問題を起こしてしまっている梨状筋にアプローチをするのも一つの手なのですが当院ではなぜその梨状筋に問題が起きているのかを考えます。

梨状筋が問題を起こしているのは結果であって、ほかに問題がある場合が多くあります。

例えば骨盤の角度が、前に傾いている人なのか、後ろに傾いている人なのか、女性は6割から7割の人が前傾していると言われてます。その傾きによっても股関節の影響は違います。左右の骨盤の傾きが右に高さが出ているのか、左に高さがでているのかもチェックしますし、背中の丸み、猫背なのか、背中が沿って平な人なのか、あとは股関節自体の動きなど調べて、身体が動きやすい状態にもっていきます。

身体が動きやすい状態であれば左右均等に梨状筋にも負担もかかりすぎたりしすぎないでしょうし、疲れが早く抜けるよいコンディションになっていくと思います。
それによって症状の変化をかけてやることを決めていきます。

ご自身でできる方法としては、梨状筋に関して言えば、ストレッチなどもとても有効になっています。

「腰痛の方へ」の最新記事

肩こり・腰痛などの症状でお悩みの方、
当院の施術効果を
一度確かめてみてください。

ご予約・お問合せはお電話で(※完全予約制)

TEL : 047-387-6150

受付時間 10:00~13:00 / 14:00~21:00
(最終受付 20:30)
(定休:第2・第4月曜 毎週火曜)