松戸の痛くない整体院

千葉県松戸市常盤平5-21-9(五香駅最寄り)

火曜・第2/第4月曜定休047-387-6150

お問合せ

変形性股関節症について

女性に多く見られる変形性股関節症とは!?
どうにもならず迷っているあなた!あきらめていませんか?

~目次~

変形性股関節症とは?
原因は?
起こる問題とは?
当院の変形性股関節症への考えとは?


~CHECK~
☑歩くと股関節が痛い
☑立っていると股関節やお尻が痛い
☑手術を勧められたけど他の方法でなんとかしたい
☑靴下を履くのが辛い
このような悩みがある人は変形性股関節症かもしれません。

変形性股関節症とは?
変形性股関節症とは股関節への血液の循環の問題や、長い間の負担や酷使で股関節の軟骨がすり減ったり骨が変形したりするものです。
男性よりも女性に多く見られるのが特徴です。

原因は?
原因としては一次性と二次性に分けられています。
一次性はハッキリとした原因はなく加齢によって股関節の状態が悪くなっているもので、主に欧米の人に多いパターンです。
二次性は病気や怪我が原因で起こるパターンで、日本人の場合はこちらの二次性がほとんどで80%くらいの割合と言われています。
その中でも生まれつき股関節の骨盤側の穴が浅く小さい、臼蓋形成不全と先天性股関節脱臼が多いです。



起こる問題とは?

起こる問題としては初期進行期、末期に分けられ初期は立ちあがったり、歩行時に痛みや強ばりがでてきたりします。
変形が進行して末期に近づいてくると安静にしていても痛みがあったり、日常の階段の上り下りや長時間歩けなくなったりと、日常の生活に支障がでてくるようになってきます。

当院の変形性股関節症への考えとは?

当院の変形性股関節症への考えは、変形しているものは手術以外で改善は難しいです。
ですので変形している股関節への負担を軽減させて痛みを軽減させていく、この考えでやっています。

股関節に問題がある人は股関節だけが悪いのではなく、腰や骨盤に傾きの問題があったりする人が多く見られます。
その結果股関節に過剰な負担がかかり、お尻の筋肉などが固くなり、関節に問題を起こす原因を作ってしまいます。

簡単な例として、体が右に傾く癖がある人がいれば右の股関節に体重が多くかかり、それが何十年も続けば問題が起きてしまいます。

それならば変形があったとしても右への傾きを改善すれば負担は減ってくるので、痛みは軽減することができます。

変形があるのに過剰な負担がかかるので痛みが続く傾向になっているのです。
体は協力して動いています。
痛みは結果であることが多いです。

たとえ変形があったとしても負担が減ることで痛みが減り日常の生活に支障の出ない範囲に痛みをコントロールすることができればうまく付き合っていくことができます。

痛いところだけ見てもらって改善しなかった痛みは体全体をみて負担を軽減させます、そして痛みをコントロールさせます。

考え方を変えることで結果は大きく変わってきます。
股関節の痛みでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

「骨盤のゆがみの方へ」の最新記事

肩こり・腰痛などの症状でお悩みの方、
当院の施術効果を
一度確かめてみてください。

ご予約・お問合せはお電話で(※完全予約制)

TEL : 047-387-6150

受付時間 10:00~13:00 / 14:00~21:00
(最終受付 20:30)
(定休:第2・第4月曜 毎週火曜)