松戸の痛くない整体院

千葉県松戸市常盤平5-21-9(五香駅最寄り)

火曜・第2/第4月曜定休047-387-6150

お問合せ

自律神経について

身体がだるい・調子がよくない
そのままの状態にしていませんか!?

~目次~
自律神経とは?
交感神経が働きとは?
副交感神経の働きとは?
自律神経の問題とは?
当院の考えとは?


~CHECK~
☑身体がだるい
☑息苦しい感じがする
☑眠りが浅い
☑胸の周りに圧迫感がある

こんな状態は自律神経が関わっている問題かもしれません。

自律神経とは?


神経は大きく分けると脳と脊髄からなる中枢神経と中枢神経から枝分かれして全身に網の目のように伸びている末梢神経に分かれます。

その末梢神経は自分の意志で体を動かす体性神経と自分の意識とは無関係に体の機能を調整してくれる自律神経にこのふたつに分かれます。
そして自律神経は交感神経と副交感神経に分かれていきます。

交感神経の働きとは?

◆心臓
ドキドキと早く動きます。
緊張している状態の感じです。

◆気管
酸素を取り込みたいので拡張します。

◆肺
ハーハーと早い呼吸になっていきます。

◆胃腸
消化を抑制します。
食欲がなくなります。食べている場合ではないからです。

◆瞳孔
大きく開きます。

◆唾液腺
唾液がでなくなっていきます。
口がカラカラになっていきます。

◆膀胱
排泄している場合ではないのでおしっこが出なくなります。

つまり闘モードの状態といえる感じになります。

副交感神経の働きとは?

◆心臓
ゆっくりと穏やかに動きます。

◆気管
ゆっくりと呼吸でき広がる必要がないので収縮します。

◆肺
ゆっくりとした深い呼吸になります。

◆胃腸
働きがよくなるので食欲が増加します。

◆瞳孔
縮小します。

◆唾液
唾液のネバつきもないさらっとした唾液が十分にでて口が乾きません。

◆膀胱
排泄しても問題ないのでトイレに行きたくなっていきます。

つまり常にリラックスしているときの状態です。

自律神経の問題とは?

最近では仕事や人間関係などでストレスがたまったりすることが多いので交感神経が強い状態が続いている人が多い感じがします。
常に戦闘モードの状態です。

交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできていない感じがします。
先ほども書いたように自律神経は脳と脊髄からなる中枢神経が枝分かれをしたものです。

脊髄神経は背骨の中に入っているので背骨の状態も自律神経には関連は深いです。
またストレスで緊張があると肩周囲がより固くなりやすくなります。

肩や首は肩の荷が重いや借金で首が回らないと言われるようにストレスの影響を受けやすい場所です。
そうすると胸の動きに問題が出やすくなり深い呼吸がしずらくなっていきます。

当院の考え

背骨の動きの悪いところを動かして次に胸椎と肋骨にアプローチをすることで体が動かしやすくなり胸の動きもでてきて深い呼吸がやりやすくなっていきます。

リラックスするために深呼吸したりしますね?
呼吸はとても大切です。

深い呼吸は体の循環を良くしてくれます。
固いところがなくなり体を動かしやすく、深い呼吸ができてくれば疲れが取れやすくなってきて体調があがりリラックスしやすい体になっていきます。

交感神経と副交感神経切り替えがうまくできる感じになっていきます。
肩こりや腰痛などの痛み以外にも体のコンディションを調整する意味で整体は効果がある一面があります。

体が緊張し、ずっと戦っている状態の交感神経が優位だからかもしれません。
そのような状態の時にはお気軽にご相談ください!

「体の不調全般」の最新記事

肩こり・腰痛などの症状でお悩みの方、
当院の施術効果を
一度確かめてみてください。

ご予約・お問合せはお電話で(※完全予約制)

TEL : 047-387-6150

受付時間 10:00~13:00 / 14:00~21:00
(最終受付 20:30)
(定休:第2・第4月曜 毎週火曜)