松戸の痛くない整体院

千葉県松戸市常盤平5-21-9(五香駅最寄り)

火曜・第2/第4月曜定休047-387-6150

お問合せ

鵞足炎(がそくえん)について

鵞足炎ってご存知ですか?
もしかするとその痛み、鵞足炎かもしれません!

~目次~
鵞足とは
起きてしまう原因とは
当院の施術


こんな症状ありませんか?
・膝の内側が痛い
・走ったりすると膝の内側が痛む
・階段の上り下りで膝の内側が痛む
・運動した後膝の内側が痛む
靱帯に問題がないのにこのような痛みがあるときは鵞足炎かもしれません。
簡単に鵞足の説明です。




鵞足とは

縫工筋、薄筋、半腱様筋が腱となって膝の内側の脛骨に付着しているところのことをいいます。
おおよそ膝から3センチから5センチ下あたりです。
この3つの筋肉の集まる形状がガチョウの足の形に似ていることから鵞足と呼ばれています。
この鵞足の腱(骨にくっついているところやその下にある腱への衝撃を吸収してくれる滑液包)が炎症を起こすことで鵞足炎となります。

起きてしまう原因として

膝の屈伸を繰り返すことで鵞足と膝の内側の内側側副靭帯がこすれることで炎症が起きることでおきます。

陸上の選手やサッカー選手に多くランニングで足を後ろに蹴りだしたときやサッカーのキックで蹴りだした足を減速させる時などの負担で起こりやすくなります。

ウォーミングアップ不足や足に合っていない靴なども状態を悪くする原因です。
また中高年の人では肥満による体重の増加で鵞足への負担が増えて急に長い距離を歩いたりすることでも炎症がおきてきたりします。

けれど激しい運動をしても体重が増加したとしても痛みが出る人と出ない人がやはりいます。
それは体の癖やバランスが痛みに関わっているからです。

鵞足炎になりやすい人は足がX脚ぎみの人です。
X脚になってくると膝の内側にある鵞足の部分に負担が多くかかってきます。
引っ張られているような感じです。


さらにX脚組ぎみですと運動するときに膝が内側に入り足先が外を向くknee in toe outという状態となってしまい膝の内側に問題が起きやすくなります。
この状態で運動をしていたり長時間歩いたりすると膝の内側が痛くなってきます。


X脚ぎみの状態を変化させることが鵞足炎でのポイントになってきます。

当院の施術としては

X脚ぎみの人は骨盤が前傾気味になりやすいのでまずそれを調べていきます。
それとともに膝が内側に入ったりする人は回内足といって偏平足ぎみの人が多いので回内足を落ち着かせていくことをしていきます。

この回内足の人は靴の内側が減りやすいという特徴があります。

膝の内側が痛いのですが本当の問題点は骨盤の前傾状態と足首の回内足の状態だったりしていきます。


この場合膝だけ見てもあまりよい結果はでてこないでしょう。
どこを施術するかで結果は大きく違います。

当院は骨盤と背骨の動きを正常化するのに最適なDRTテクニックと足首の回内足や細かな問題にアプローチするのに優れた最新のストレイン・カウンターストレインテクニックを受けられる松戸で唯一の整体院です。

膝の痛みでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

「ひざ痛の方へ」の最新記事

肩こり・腰痛などの症状でお悩みの方、
当院の施術効果を
一度確かめてみてください。

ご予約・お問合せはお電話で(※完全予約制)

TEL : 047-387-6150

受付時間 10:00~13:00 / 14:00~21:00
(最終受付 20:30)
(定休:第2・第4月曜 毎週火曜)