松戸整体クラブ 五香施術院

からだブログ

【重要】熱中症について

暑い夏がやってきました。

地球温暖化にともなって暑さがヒートアップしている感じです。
注意しなければならないのが熱中症です。

熱中症の種類にはいくつかあります。

熱失神
皮膚の血管の拡張におって血圧が低下して脳への血流が悪くなることにより起こります。
状態として:
めまい、一時的失神などが特徴です。

熱けいれん
汗をたくさんかき、水だけを補給して血液の塩分濃度が低下したときに足や腕の筋肉に痙攣が起こります。
状態として:
筋肉の痙攣、手足がつるなどが特徴です。

熱疲労
汗をたくさんかいて水分の補給が間に合わないと、体が脱水症状となって熱疲労が起こります。
状態として:
全身倦怠、嘔吐、頭痛などが特徴です。 

熱射病
体温の上昇のために中枢機能が異常をおこしている状態です。
意識障害が起きたり、ショック状態になったりします。
状態として:
意識障害、言動がおかしくなるなどが特徴です。
(大塚製薬からカラダを守ろうよより)

対策としては

●規則正しい生活をする。
●こまめな水分の補給。
●汗をかいたときには塩分補給を忘れずに行う。
●エアコンを利用する。
●あまりに暑いときには外出を控え運動などは避ける。
●涼しいゆったりとした服を着る。
●日傘などを利用する。

当院としては

体温の調節には自律神経の働きが重要になってきます。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は背骨のすぐ横を通っています。
交感神経と副交感神経は拮抗するように働いていますので、背骨の動きやすくすることは大切です。

暑い日が続く中で体調を崩す前に、お気軽にご相談ください。

寒暖差での体の疲れ

最近なんとなく倦怠感がある・疲れがとれない・不眠などありませんでしょうか?
もしかしたら"寒暖差疲労"かもしれません。

最近は温暖化が原因なのか日々の気温差がとても大きい日が多くあります。
大きな気温差で起こるのが寒暖差疲労といわれる体のだるさなど嫌な感じです。
(7℃以上の気温差があると起こると言われてます)

~寒暖差疲労はなぜ起こるのか~

人の体温は一定に保たれるようになっています。
寒いところで30℃だったり、暑いところで40℃だったりしたら体の調子がおかしくなってしまいます。

体温は自律神経によって一定に保たれています。
自律神経は寒いときは体を震わせて筋肉を動かして熱をつくったりしています。
また暑いときには汗をかいたりして体温を下げたりします。

それが頻繁に行われることで自律神経が疲労してしまい寒暖差疲労が起こってしまいます。

~寒暖差疲労の主な症状とは~

肩こり、頭痛、腰痛、体のだるさ、倦怠感、不眠、イライラ、食欲不振など
体のさまざまな問題を起こしています。

~自分でできる寒暖差疲労対策~

①規則正しい生活
人の体は一定のリズムが大好きです。
同じ時間に起きて食事をし、そして寝る。
そうすることで体のリズムができ、体内時計が整い自律神経は楽ができます。

②運動やストレッチ
散歩や軽い体操など体を無理に動かすことで筋肉を使ったり増やすとよいです。
筋肉が増えることで体温があがり免疫力もあがっていきます。

③入浴をする
半身浴など体を温めてあげることは効果的です。
リラックスすることで副交感神経も良い状態へとなります。

④腸の調子を整える
免疫力に大きく関わってきます。
ヨーグルトや発酵食品などを食べて整えると効果的です。

~当院のアプローチとして~

自律神経は背骨の周りを通っています。
なので土台の骨盤と背骨をしっかりチェックし動きやすい状態を目指していきます。
動きやすければ疲労もたまりにくくなってきます。
寒暖差での疲労があるかな?と思ったらお気軽にご相談ください。

閉鎖神経痛

太ももの内側や、膝の内側にチクチクした嫌な感じがありませんか?
もしそんな感じがあるなら、閉鎖神経に問題があるかもしれません。

 

まず閉鎖神経とは

第二、第三、第四腰神経の腹側から分枝する神経で、第三神経からのものがもっとも大きく、第二腰神経からのものはとても小さいです。(ウィキペディアより)

支配神経、知覚神経として太ももの内側を支配しています。
運動神経として、外閉鎖筋、腸内転筋、短内転筋、小内転筋、大内転筋、薄筋の内転筋群を支配しています。

よく足のしびれや違和感で「坐骨神経痛かな?」と思いますが、坐骨神経は第四・第五、第一から第三仙骨神経より出ていて、腰の骨は五つあるので腰の骨の下の方の問題です。
違和感やしびれも腿の裏側の方にでてきます。
太ももの前側や内側は別の問題が多いです。

なぜ閉鎖神経に問題が起きるのか

図で見てもわかるようにCのところが閉鎖神経です。

骨盤の中を通っていてさらに閉鎖孔という骨盤にある穴の中を通っているので、通り道が複雑なので問題が起きやすいです。

閉鎖孔には閉鎖膜という膜があるので、ここに問題が起こることも多いです。

骨盤は生活の中でも問題を起こしやすいところです。
とくに足を組んだり横座りなどに問題がでたりします。

ちなみにこちらが坐骨神経の通り道です。
腿の裏側に神経を出しているのがわかります。
足の神経はわかりやすく、前と後ろで分かれているのです。

自分でできること

姿勢を気を付ける
とくに座っているとき、足を組んだり横座りをしないほうがよいでしょう。

まとめ
閉鎖神経は太ももの内側や膝の内側の問題を起こします。
通り道が複雑で閉鎖孔という穴を通るので問題が起きやすいです。

当院の施術として

膝や腿の内側の問題だとしても、そこだけ見ることはしません。
神経の出る背骨、土台の骨盤としっかり全体を見ます

そして閉鎖孔にある閉鎖膜に施術を、しっかり個別にしていきます。
ストレインカウンターストレインには閉鎖膜を狙ってアプローチできるテクニックがあります。
腿の内側や膝の内側の嫌な感じでお困りの人はお気軽にご相談ください。

横座りは腰痛や肩こりの元になる

日ごろから私たちは立ってる時間よりも座っている時間のほうが長いです。
座っている姿勢は身体のバランスにとても大きな影響を与えます。
なぜ横座りはよくないのでしょうか。




足を右側に流す形で説明をします。

この図でわかるように体に大きく傾きが出ているのがわかります。
この図では足を右側に流しているので右側の肩が傾いて、右側の腰も縮んでいます
背骨も右に傾いたCカーブをしています。
 

前から見ると股関節への影響もわかります。

足を右に流していると左側の股関節があぐらのように外旋(外に傾いている)していて、右側の股関節は内股のように内旋(内側に傾いている)しまっています。

反対の形に足を流して座ればこの逆がおこります。
横座りはこれだけ左右に差のある座り方なのです。

このような座り方を何年も何十年も続けていると、体は座ったときの形に癖がついてしまいます。

多くの横座りを習慣的にやっている人は、いつもやっている側ではないほうに足を流して座ると(右にいつも流す人は左に、左に流している人は右にながす)これをするとほとんどの方は座りづらいという方がとても多いです。
それが体に癖がついている証拠となってきます。

この状態は肩コリや腰痛膝の痛みなど様々な身体の困ったことが起きるベースとなってしまうのです。

自分でできることとして、とにかく横座りをしない。
床での生活は座り方がくずれやすいです。
床で座る時は正座で足がしびれないように足の間にクッションなどを入れて座る方がよいでしょう。
椅子の生活をなるべくする。

まとめ
横座りは体が右か左かに大きく傾きやすい。
股関節も一緒にねじれるので問題を起こす。
多くの人はいつもとは反対の横座りはできない。
なので床に座る時は気を付けなければなりません。
ほんのささいな生活習慣の積み重ねで体は癖がつきバランスを崩していってしまいます

腓骨神経について

脛の外側や足の甲の方にかけて嫌な感じがしたり、足首を上に上げづらかったり、歩きにくく躓きやすくなったり、このようなことはありませんか?

このようなことは腓骨神経に問題があるかもしれません。

●腓骨神経とは

坐骨神経から膝の裏あたりで、枝分かれした神経です。
その後腓骨頭を回って浅腓骨神経と深腓骨神経となります。

・浅腓骨神経は主に足の甲の周囲の感覚神経なので、麻痺が起きても動かすことができなくなることはありません。

・深腓骨神経は主に足首や足の指を持ち上げる筋肉を支配しているのでここに問題が起こると足首があげにくくなります。

●なぜ腓骨神経に問題が出るのか

腓骨神経の通ってゆく行程に問題が起こりやすい訳があります。
腓骨神経は膝の外側にある腓骨頭に巻き付くように走行しています。

この部分は神経のクッションとなるものが少ないので外部からの圧迫などの刺激で神経に不具合が起こりやすいのです。
簡単な例でいえば長い時間正座をしていて、足がしびれて立てなくなる。
これは腓骨神経が圧迫を受けてこのようなことが起こるのです。

また骨折や外傷、ガングリオンなどでも圧迫を受けこのような症状がでます

●自分でできる注意とは

・きついストッキングや強く締め付けるようなソックスなどはあまりはかない。
・長時間圧迫するような姿勢は避ける。

●まとめ
腓骨神経は坐骨神経から枝分かれした神経。
腓骨頭に巻き付くように走行してその部分にはクッションが少ないので圧迫を受けやすく、それにより脛の外側や足の甲への嫌な感じや足首が上げづらくなるようなことが起こる。

●当院の施術として

膝から下の問題であっても腓骨神経のおおもとは坐骨神経なので、体の全体を見ることが大切です。
体に傾きなどがあれば片側の足に負担がかかったりしてしまいます。
全体を見たうえで、足首や腓骨の動きなど、細かな部分など施術します。
全体と部分をしっかりとチェックすることが大切です。
骨折や外傷、ガングリオンでないのに、このようなことで困っている方はぜひ一度ご相談ください。

初回ご予約時に「WEBサイトを見た」とお伝えいただければ

  • 通常、初回検査料2,500円+整体料金4,400円のところ、初回検査料0円で、4,400円で御対応させていただきます(毎月10名様限定)。

初回ご予約時に「WEBサイトを見た」とお伝えいただければ

  • 通常、初回検査料2,500円+整体料金4,400円のところ、初回検査料0円で、4,400円で御対応させていただきます(毎月10名様限定)。